BCAAの効果と飲み方

BCAAの効果と飲み方

BCAAとは、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸のことです。
これらは全て必須アミノ酸に分類されますが、体内では作り出せないので食べ物から摂取する必要があります。

BCAAを摂取すると体感してその違いがわかる

BCAAは筋トレやハードな運動をしたときに最も多く使われます。特にウエイトトレーニングはエアロビックトレーニングに比べてBCAAの消費量が多くなります。

BCAAはたんぱく質の合成を高め、筋肉の成長を進める栄養素として筋トレをしている人には必須のサプリメントと言えます。さらに筋トレ中や栄養が不足した時に起こる筋肉の分解に対しても効果があり、筋肉の異化作用を防止する効果があります。

トレーニング中にはBCAAの摂取によって筋疲労を抑え、筋肉のエネルギー源として働きます。ウエイトトレーニングやハードな運動などではBCAAを飲んだことによってその差を体感できるほどのパフォーマンス向上が期待できます。

また、グルタミンの消費を抑える効果もあり、免疫力の低下を防止する健康維持効果もあることがわかっています。
さらにテストステロンの働きを妨げるコルチソルを抑える働きもあり、特に筋トレ直後のBCAA摂取は必須と言えます。

BCAAにし体脂肪燃焼による減量効果も

BCAAを摂取したあとに筋トレ、有酸素運動をすることで脂肪燃焼効率が上がるというデータがあります。

特に減量中は摂取カロリーや炭水化物量を減らすため、エネルギー源として筋肉が使われてしまうことから、この時に体内のBCAAを切らさないようにしておくことで筋肉の異化作用を最小限に抑えて体脂肪を落とすことが可能になります。

BCAAの摂取量と飲み方

起床後、トレーニング直前、トレーニング直後、夕食後の1日4回、各5gずつの摂取が効果的です。

起床後は筋肉の異化作用を防ぐことができます。
トレーニング前はエネルギー補給が素早くできます。
トレーニング後はコルチソルレベルの上昇を防ぎ、筋肉の成長を促す効果があります。
1日を通して常にBCAAが補給されるようにすると効果的です。

お薦め記事

プロテインスナックレビュー