トレーニングベルトに頼りすぎないように

トレーニングベルトに頼りすぎないように

トレーニングベルトは主に高重量スクワットや高重量デッドリフトを行うときに使います。最近はYOUTUBERの影響でトレヘニングベルトを使う人がジムに増えていますが、トレーニングベルトを最初から使う習慣がついてしまうと体幹が鍛えられず、思わぬ大怪我をしてしまうことも。

ベルトに頼らず自分の体幹をしっかり作る必要がある

高重量のウェイトトレーニングではベルトを利用することで怪我の防止に有効ですが、いつでもベルトを使用していると体幹が鍛えられなくなり、筋群のバランスが崩れ怪我に繋がります。

そもそも体幹が弱いと全てのトレーニング、スポーツで体勢を維持できません。体幹のトレーニングは地味で続けることが難しいかもしれません。体幹のトレーニングを日々続けられればベストですが、それよりもいつものトレーニングでフォームを崩さず、体幹を安定させることも意識して筋トレしてみては?

高重量トレーニングのときのみベルトを使い、それ以外のトレーニングのときはベルトを外し、体を支える部分の筋群も鍛えられるようにしておくことが大切です。

ずっとトレーニングベルトをしている人も

トレーニングベルトは腹圧を外部からかけて体幹を固定します。ですからつけるときはかなりきつめにしめることになるのですが、なぜかジムでは最初からずっとベルトをつけて、休息時間もベルトをつけたままという人がいます。

チャンピオンベルトのような飾りになってしまっていて本来のトレーニングベルトの使い方をできていません。トレーニングベルトはしっかりと腹圧をかけて腰、腹を固定して使います。1セットが終わったら苦しいので普通はトレーニングベルトを外したり緩めたります。

トレーニングベルトの正しい使い方もマスターしたいものですね。

お薦め記事

プロテインスナックレビュー