カルニチンの体脂肪燃焼効果

カルニチンの体脂肪燃焼効果

体脂肪をエネルギーとして使うために必須

脂肪がエネルギーとして使われるためには、脂肪酸とカルニチンが結合する必要があります。
当然カルニチンが体内に少なくなれば脂肪酸が結合できず、脂肪は燃焼されなくなってしまいますし、十分にカルニチンを摂っていれば脂肪燃焼効果が効率よくなりスムーズにダイエットすることができます。
カルニチンは脂肪燃焼を促しエネルギーに変えるために必要な栄養素なのです。

疲労軽減、持久力維持等の筋トレを効率よく行う効果も

カルニチンは筋肉などを疲労をさせる乳酸の蓄積を抑える働きもあり、トレーニングなどを効率的に行うことができることもわかっています。
そしてカルニチンが脂肪をエネルギーに変えることによって体内の高エネルギー物質が増え、スポーツでは持久力が上がるといった効果もあり、ウエイトダウン目的で脂肪燃焼を進めるだけでなく、アスリート向けに効果のあるサプリメントであることがわかっています。

またテストステロンを高レベルで維持する作用もあり、朝食前のテストステロンレベルの高い時間帯にカルニチンを摂取することで、筋肉をより成長させる効果も期待できます。

少しずつ、常に補給する必要がある

カルニチンはビタミンCなどと同じく、汗や尿などで常に排出されています。このことから毎日継続してカルニチンを摂取することがポイントとなります。

また加齢とともに脂肪がつきやすくなるのと同じく、カルニチンの体内での合成は20歳をピークとして加齢とともに落ちていくので、特にサプリメントでの摂取がとても重要になります。

ホエイプロテインと炭水化物と一緒に摂ると効果的

カルニチンを摂取するときは、ホエイプロテインと炭水化物と一緒に摂取すると、インスリン上昇に伴いカルニチンがより筋肉に運ばれます。
起床後、プロテイン、吸収の早い炭水化物(ヴィターゴ)、カルニチン2g前後を摂取してみましょう。

お薦め記事

プロテインスナックレビュー