爆発的なスピードの筋トレで体脂肪燃焼

トップ > 減量方法 > 爆発的なスピードの筋トレで体脂肪燃焼

爆発的なスピードの筋トレで体脂肪燃焼
いつもの筋トレで対脂肪燃焼効果を上げたい場合は、速筋を鍛えることで通常よりも消費カロリーを上げることが可能です。

速筋を使い爆発的なスピードでトレーニングする

ウエイトを下ろすとき(ネガティブ動作)は通常通りのスピードで行いますが、ウエイトを上げるとき(ポジティブ動作)のときに爆発的なスピードで押し上げることで筋力・パワー・スピードの向上や体脂肪燃焼の効果が上がります。

例えば腕立て伏せの場合は、肘を曲げて体を落とした状態から一気に体を押し上げて地面から手が床から離れるようにすると速筋を動員させることができます。感覚的には1秒で一気に押し上げる感覚です。

その他スクワットは上げきったときに勢いで足が床から離れる、ベンチプレスでバーが一瞬手から離れる、シュラッグでバーを引き上げたときにかかとが床から離れるなどが挙げられます。どれも初心者には危険なのでできない内容となっています。

速筋を鍛えると得られる効果

早い動作でトレーニングすることで速筋繊維が増加し、よりパワフルな筋肉をつけていくことができます。
また速筋は遅筋に比べて多くのエネルギーを必要とするため消費カロリーが必然的に増えます。速筋は遅筋に比べて3倍のエネルギーを消費する研究結果が出ています。

毎回のワークアウト全体を通して爆発的なスピードでウエイトを扱うようにしてみましょう。単純にいつもの3倍の消費カロリーが得られるわけではありませんが、筋繊維が必要とするエネルギーは間違いなく増えます。

さらに筋トレの消費カロリーだけでなくその後の体脂肪燃焼の持続効果も高まるとのことで、通常の筋トレよりも200kcal~400kcalも多くエネルギーを消費する効果があり、有酸素運動が苦手な方、時間がない方は是非実践していただきたい筋トレ方法です。

このトレーニングの方法はバリスティックトレーニングのページを参考にしてください。ある程度トレーニング経験を積んだ方向けの方法ですが体脂肪燃焼、プラトー脱却の効果が期待できます。