朝食前に運動をして脂肪燃焼促進

朝食前に運動をして脂肪燃焼促進

朝何も食べずに運動をすることで脂肪燃焼効果をさらに上げることが出来ます。
効率よく、筋肉を維持し体脂肪を減らす方法を解説します。

筋トレ30分前にプロテインを飲む

完全に空腹の状態でトレーニングをすることはまず有り得ないことなので、30分前にプロテインを摂取しておきましょう。
基本的には朝起きたらすぐにプロテインを摂取していると思いますのでここは変更せずしっかりと栄養補給しておきます。

このとき飲むべきプロテインはDNS ホエイプロテイン スーパーストイックがお薦めです。
炭水化物、脂肪、カロリーが極限まで抑えられている上に、たんぱく質含有量97%とほかのプロテイン製品と比較してずば抜けて高くなっています。

単純に減量に適しているというだけでなありません。朝食前の筋トレ、運動効果を最大限に発揮する仕組みは次に詳しく説明します。

炭水化物が体にないことがベストのダイエット効果をあげる

炭水化物を取らないで運動をすることで、筋肉に貯蔵された炭水化物(筋グリコーゲン)が使われ、これが少なくなると脂肪をエネルギーとして使うようになります。
よって余分な炭水化物がない朝食前は体脂肪減少のための時間としてはタイミング的にはとても効率が良いわけです。

特に炭水化物を摂取してしまうと、脂肪燃焼を抑えるインスリンが分泌されてしまうので効果が最大限に得られることはありません。ですから、起きてからのプロテインは出来る限り炭水化物や脂肪の少ない、高純度のたんぱく質が配合されたがDNS ホエイプロテイン スーパーストイック最適なのです。

朝起きたときはインスリンレベルが最も少ない時間帯であるため、ここで有酸素運動、筋トレを併用して行うことで効率的に体脂肪減少が特に期待できます。

お薦め記事

プロテインスナックレビュー