ケーブルクロスオーバー

トップ > 胸の筋トレ方法 > ケーブルクロスオーバー

胸の筋肉のテンションを常に保ちつづけることができ、絞り込んで胸の筋トレの最後に入れることができます。逆にトレーニングの最初に取り入れて胸だけを刺激することで予備疲労としても利用できます。

  1. 左右のプーリーの間に肩幅よりも広く脚を開いて立つ
  2. 肘を軽く曲げたままD字ハンドルをウエストの前まで引く
  3. 両手が合わさる位置で止めて胸を収縮させる
  4. ハンドルをゆっくりと元の位置に戻していく

ケーブルクロスオーバーについて

ケーブルの高さを調節することで胸のあらゆる部位を刺激することができます。
また前傾姿勢にして行うなどバリエーションも多く、必ず胸のトレーニングに取り入れたい種目のひとつです。

ケーブルを使ったトレーニングは全て筋肉を最後の最後まで収縮させることを意識して行いましょう。筋肉のメリハリをつけるためには必須です。