シーテッド・ケーブル・ロウ

トップ > 背中の筋トレ方法 > シーテッド・ケーブル・ロウ

軽いウエイトから高重量まで対応するケーブルロウ。ケーブルを使うと常に筋肉へ負荷がかかり続けるため、ウォームアップに最適です。またワークアウトの最後で筋肉をオールアウトさせるためにも有効です。主に広背筋の発達に適したトレーニングです。

  1. ケーブルのハンドルを握り、背中を真っ直ぐにして座る
  2. 脚は肩幅に開いて軽く曲げフットレストにつけて安定させる
  3. 上半身を固定したまま肘を曲げるようにしてケーブルを引く
  4. ハンドルを腹部まで引いて、肘は体よりも後ろまで引き切る
  5. 肩甲骨を寄せるようにして広背筋を使ってテンションを維持する
  6. ゆっくりとケーブルを戻し繰り返す

シーテッド・ケーブル・ロウの注意点

高重量で広背筋の能力以上のウエイトを扱うと、どうしても上体を前後に振り勢いをつけてケーブルを引いてしまいます。こうなると勢いで高重量ウエイトを扱ってしまうことになるので、上半身は必ず動かさず、肘を引いて肩甲骨を引き締めるようにしてケーブルを引くようにしましょう。