腕の筋トレ方法

トップ > 腕の筋トレ方法

コンセントレーションカール
反動を使わず上腕二頭筋を鍛える筋トレ方法です。メインセットのあとに追い込みをかけるために最適です。

トライセプスキックバック
上腕三頭筋を絞り込むトレーニングです。ゆっくりとした動作で軽いダンベルを使い行い、メインセットのあとに上腕三頭筋を追い込むのに最適です。

リストローラー
前腕を究極なまでに追い込むのがリストローラーです。すぐに疲労感を感じてしまうはずなので徐々にセット数とウエイトを上げるようにしましょう。

バーベル・リスト・カール
通常のバーベルカール等でも前腕は使われますが、バーベル・リスト・カールはダイレクトに前腕に働きかけるトレーニング方法です。

オーバーヘッドダンベル・トライセップス・エクステンション
上腕三頭筋をしっかりとストレッチさせて追い込んでいく筋トレ方法です。特にクローズグリップベンチプレスのあとに行うと良いでしょう。

ライイング・トライセップス・エクステンション(上腕三頭筋)
最も上腕三頭筋を刺激できるエクササイズのひとつとして必ずやっておきたいのがライイング・トライセップス・エクステンションです。

トライセップス・プレスダウン(上腕三頭筋)
ケーブル・マシンを使った上腕三頭筋のエクササイズ。上腕三頭筋の筋トレ最後の種目として限界まで絞り込むようにトレーニングしてください。

クローズグリップ・ベンチ・プレス
上腕三頭筋だけに負荷をかけるエクササイズではないが、ベンチプレスやショルダープレスなどのエクササイズ強化に役立ちます。

プリーチャー・カール(上腕二頭筋)
前傾姿勢になることで筋肉がストレッチされる度合いが小さくなり、上腕二頭筋の内側がより刺激されるようになります。

インクライン・ダンベル・カール(上腕二頭筋)
ニュートラル・グリップから手のひらを上に向けるようにカールすることで上腕二頭筋への負荷が増します。上腕二頭筋を絞り込むように意識してトレーニングしましょう。

ハンマー・カール(上腕二頭筋)
大きく厚みのある上腕二頭筋を作り上げるためには上腕筋を鍛える必要があり、ハンマー・カールによってこの小さな上腕筋を鍛えることができます。

バーベル・カール(上腕二頭筋)
上腕二頭筋のエクササイズで最もポピュラーで全体に負荷をかけられるトレーニング。最大重量を使って上腕二頭筋に大きな負荷をかけることができます。