ハンギング・ニー・レイズ(腹筋下部)

トップ > 腹筋の筋トレ方法 > ハンギング・ニー・レイズ(腹筋下部)

腹筋下部を強く刺激できる上級者向けのエクササイズ。腹筋のワークアウトでは一番最初に行うエクササイズとして取り入れます。

  1. 高いバーにぶら下がり、腕を伸ばして背中を軽く反らせた状態にする。
  2. そこから息を吸って止め、膝を曲げてできるだけ高く上げていく。
  3. このときの膝の角度は一定を保ち、全体の動作を通して変えないようにする。
  4. 大腿が床と平行より上になるまで上げて、そこで1-2秒静止し、腹筋を収縮させる。
  5. 息を吐き、ゆっくりとスタートポジションまで脚を下ろしていく。

膝を伸ばして行うと腹筋へさらに負担をかけることができる。
また、体を振ったりせずに、静止した状態のまま脚を上げていくこと。

ハンギング・ニー・レイズについて

通常はバーを握って行いますが、握力が腹筋よりも先に疲労してしまう場合が多いため、補助目的でリストストラップを使うなどして最大限に腹筋下部を鍛えることがお薦めです。