MUSCLETECH NITROTECH CRUNCH

MUSCLETECH NITROTECH CRUNCH

1本あたり20g前後のたんぱく質が摂取できるマッスルテックのプロテインバー。トータルで見て固く粘度が強いというわけではなく意外と食べやすいのが特徴です。途中で顎が疲れることなく食べきることができて、また満足度が高いので間食用に数本カバンの中に入れておきたいプロテインバーのひとつです。

ナイトロテック・バースデーケーキ

MUSCLETECH NITROTECH CRUNCH
ナイトロテックのプロテインでも同じバースデーケーキというフレーバーがリミテッドで出ていますが、あちらは完全にミルク系のバニラプロテインでした。こちらはどうなのかと思ったらバニラというフレーバー名が消えています。しかもプロテインバーのほうは特に限定フレーバーではなく新作として扱われているようです。

MUSCLETECH NITROTECH CRUNCH
中身はこのようにプロテインバーに白いチョコレートソースでコーティングされていて、中にカラーチップが入っています。これはプロテインのバースデーケーキと同様です。パッケージ写真よりもコーティングされたチョコレートの層が厚いのはご愛嬌。

食べてみると普通に美味しい、しっとりとした甘いホワイトチョコレートクランチです。プロテインのミルクっぽさはなく、普通に外国の甘いお菓子と言われたらわからないほどです。かぶりついてしまうとどうしてもたくさん口に入るので薄くスライスしたら食べやすいかなと思います。お菓子感覚で食べられますよ。甘さと重量感で言えば日本人にも食べやすくなっていると思います。

1食あたりの量
65g
カロリー
240kcal
たんぱく質
22g
脂質
7g
炭水化物
24g
価格
5,257円(12本)

ナイトロテック・シナモンバン

MUSCLETECH NITROTECH CRUNCH
白い砂糖に固められたプロテインバー登場。開けた瞬間シナモンの香りがかなりきついのですが、実際食べるとさらにきついです。シナモン以外の香りも色々含まれていそうです。甘いチェイを食べている感覚になります。何本か食べていくとシナモンの強烈な香りも慣れてきて甘いプロテインバーとしてしか認識しなくなるので慣れって怖いなと思いますね。

中身はブラウン。チョコ味ではなく、ただ固められた粉を食べている感じがします。味自体は甘辛くシナモンの香り付けだけでフレーバーを構成しています。シナモンが苦手な方はまず食べることは不可能でしょう。それほどシナモンの香りが強すぎて何がなんだかわからなくなります。

クランチ自体はガッツリ粘度が強いわけではなく、まだ食べやすい方かもしれませんがしっとりずっしりとした歯ごたえがあって食べごたえがあります。

1食あたりの量
65g
カロリー
240kcal
たんぱく質
22g
脂質
7g
炭水化物
24g
価格
5,257円(12本)

お薦め記事

プロテインスナックレビュー