筋トレプロフェッショナル講座

トップ > 筋トレプロフェッショナル講座

1ヶ月で筋肉を5kgつける筋トレ方法
1ヶ月で5kgの筋肉を増やす筋トレ方法と食事方法を解説します。筋トレメニューや食事メニューはすでに筋トレ上級者であればわかっているはずなので、これを基準に自分に合わせてメニューを組んでください。

左右片側ずつ鍛える筋トレの効果
片側の腕、脚など、両方同時に鍛えずに片側ずつ鍛えることの効果は何でしょうか。筋トレ上級者になればなるほど片側だけの筋トレ効果が重要になります。

腹筋は筋トレの最後に行う
腹筋の筋トレは筋トレメニューの最後にまわすようにしましょう。この筋トレの順番が重要です。

低酸素トレーニング、低酸素マスクの効果
低酸素状態の高所トレーニングの効果を詳しく解説。さらにジムでも低酸素トレーニングが可能な低酸素マスクについても詳しく紹介していきます。

スミスマシンを効率よく使う筋トレ法
スミスマシンを使って今よりもさらに高いレベルのウエイトに挑戦してみましょう。フリーウエイトのレベルアップに最適です。

加圧トレーニング
加圧トレーニングブームがありましたが、実際の効果とさらに加圧トレーニングの知られざる大きな効果をご紹介します。基本的な筋トレの方法も解説します。

カーボローディングで持久力を
試合などの大一番に備えて体調を万全にするように、スタミナ切れを防止するカーボローディングを試してみましょう。

トレーニングの頻度を考える
筋トレ上級者になればなるほど筋肉を十分に休ませることが必要です。休みすぎかな?と思うくらい休んでも筋肉が落ちてしまうことはありません。

1つの筋群を2日連続で鍛える
腕を筋トレしたら翌日も同じ腕を鍛える、それってタブーとされがちですが、たまには連続で鍛えてみましょう。新しい刺激を筋肉に与えることができます。

呼吸の大切さ
ヘビーウエイトでの筋トレで息を止めてしまっていませんか!?これってけっこう危険である上に筋肉にとっても好ましくないんですよ。

ピラミッド法
ウォーミングアップから始めて徐々に重くしていくトレーニング方法です。実際にはウエイトを上げるときつくなるのでレップ数を減らしていくのが一般的です。

リバース・ピラミッド法
体力が万全の状態で一番重いウエイトを上げることによりピラミッド法よりも強い力でトレーニングを開始できるテクニックです。

ウエイト減少法
補助をしてくれる人がいない場合や、限界を超えるウエイトを扱うにはまだ早い場合、ウエイト減少法を利用して筋力を高めていきましょう。

フォースト・レップ法
補助をしてもらう環境にある場合は、限界を超えて筋肉を追い込むフォースト・レップ法が最適です。次のレベルへ到達するために必須のトレーニング法と言えるでしょう。

レスト・ポーズ法
限界を超えてハードにトレーニングして筋肉を追い込む方法がレスト・ポーズ法です。補助なしのひとりでできることから手軽に試せます。

バリスティック・トレーニング
勢いよくウエイトを上げることで爆発的な筋力を使うことトレーニング方法です。勢いをつけることで普段鍛え抜けなかった弱い部分の強化に繋がります。

21レップ法
1セットを21レップかけて行うハードなトレーニング方法です。毎回のワークアウトがマンネリ化してきたときに新しい刺激を与える上級者向けトレーニング法です。

スーパーセット法
二つの筋群をセットで鍛えることでいつもよりも大きな力を出せるようになるほか、乳酸除去、さらには時間短縮もできるベーシックなトレーニング法です。