ストレッチで本当に体が柔らかくなったと実感するストレッチ頻度

ストレッチで本当に体が柔らかくなったと実感するストレッチ頻度

柔軟性を鍛えることで怪我の予防にも繋がることと、関節の可動域が広がるため筋肉を最大限にストレッチして鍛えることができます。

基本的に筋トレ前、運動前はストレッチをすると思います。ただ本気で毎日ストレッチを続けるのは筋トレと違ってなかなか続かないという方も多いでしょう。しかし毎日ストレッチをしなくても週に2~3回のストレッチでも十分柔軟性が向上したという研究結果があります。

毎日ストレッチしなくても柔軟性は向上する

毎日ストレッチを4週間行ったグループを2つに分けた実験があります。一方は中止、もう一方は週に2~3回のストレッチを続けさせたあとの柔軟性を調べました。

すると中止したグループは7度低下。
週2~3回のストレッチを継続したグループは4度の向上が見られたとのこと。

このことからも毎日ストレッチをしなくても十分に柔軟性を向上させることが可能であることがわかります。一方で定期的なストレッチをやめてしまうと柔軟性は低下することもわかります。

私のストレッチ習慣

私は元々ブレイクダンスをしていましたので、毎日のようにかなりきつめのストレッチを行っていました。それが10年やめてしまってからは極端に体が固くなり、そこからリハビリとして筋トレの前後だけ週に4回ほどストレッチを行っています。

そのほかにはテレビを見ながら体を動かしたくなったときに開脚や前屈などのストレッチを30分以上やるようにしていて、テレビを見ながらだとストレッチしたい部分を伸ばした状態で長くキープするのが違和感なく続けられてお薦めだと感じています。

ストレッチのために時間を割くのはむずしいですが、筋トレの前後に軽いストレッチを入れたりテレビを見ながらストレッチするなら誰でもできるはずです。健康面にも良いことだらけですので、ぜひストレッチを何気なく取り入れる習慣をつけてみてくださいね。

お薦め記事

プロテインスナックレビュー