バリスティック・トレーニング

バリスティック・トレーニング

バリスティック・トレーニングは、ウエイトを爆発的に勢いよく上げるトレーニング方法のことです。
勢いよく上げる動作では瞬時に大きな力を発揮して筋肉を使うことができ、速筋繊維を刺激することができます。
速筋繊維は筋力と筋肉の大きさを増加させる筋繊維なのでバリスティック・トレーニングの効果を実感できるでしょう。

勢いよく上げるバリスティック・トレーニングは普段のスピードでは持ち上げられない重量でも扱うことができる場合があります。
例えばベンチ・プレスの時に、胸の力で上げていき、肩、腕の力で上げきるというように、そのときの動作で一番使う筋群があるが、その1つが弱いと一連の動作の流れでウエイトを上げられなくなってしまいます。
この弱い部分を改善できるのもバリスティック・トレーニングの特徴です。

バリスティック・トレーニングでは、通常1回しか持ち上げることが出来ない最高のウエイトの3割~5割程度のウエイトに設定してトレーニングを行います。
これ以上重いと怪我に繋がるので注意してください。
また、バリスティック・トレーニングではスミスマシンを使うことで安全性を高めるようにしましょう。
さらに安全性を高めるために、セーフティーロックをしっかりとつけ、補助についてもらうことも大切です。

このバリスティック・トレーニングでは、勢いよくウエイトを持ち上げ、さらにその爆発的な力でベンチプレスではバーを上に投げるような形になり、バーが手から離れます。
また、スクワットではジャンプするような形で足が地面から離れます。
このように爆発的な強い力を使うトレーニングなので安全には十分注意し、筋トレ初心者ではなく上級者のみが行うようにします。

お薦め記事

プロテインスナックレビュー