テストステロンを増やす食事

テストステロンを増やす食事

筋肉を作るためのホルモンがテストステロンです。テストステロンの量を高く維持することで筋トレの効果がさらにアップします。基本的にテストステロンとは対極の女性ホルモンが多くなってしまうと筋肉がつきにくくなります。最大の原因は食事が原因です。
ここでご紹介するテストステロンの量を増やす食品を積極的に摂っていきましょう。

牡蠣

テストステロンを増やすための亜鉛が食べ物の中で一番豊富なのが牡蠣です。
毎日食べるのは大変ですから、意識して週に1回は牡蠣を食べるようにすると良いでしょう。

脂肪の少ない牛肉

亜鉛とたんぱく質が同時に摂れる牛肉はテストステロン生成を促すベストの食材と言えます。

鶏肉

亜鉛は多くないものの、テストステロン生成に必要なたんぱく質は豊富に含まれていて、低脂肪なことから通常の食事でメインに摂るようにしましょう。亜鉛を含む食品と一緒に摂るとベストです。

赤み身の肉と同程度の亜鉛が含まれている豆は鶏肉などに合わせて食べることでテストステロンの生成に特に効果的です。アメリカのブリトーなどでは大量の鶏肉、豆をトッピングしてくれるのでヘルシーなランチを手軽に摂れますね。

卵は筋トレをする人にとって必須の食品です。テストステロンのことを除外したとしても毎朝3つ程度を食べるようにしましょう。コレステロールはテストステロン合成に必要なことと、卵に含まれるテストステロンは健康への害は低いことがわかってきているので全卵を食べる習慣をつけると良いでしょう。

ブロッコリー、キャベツ

ブロッコリーやキャベツのようなアブラナ科の野菜には女性ホルモンを抑える働きがある、「インドール3カルビノール」が豊富に含まれいるので、女性ホルモンが多く筋肉が付きにくい悩みを解消できます。

にんにく

にんにくにはテストステロンを高め、さらに筋肉を分解してしまうコルチソルを押さえる働きがあります。

お薦め記事

プロテインスナックレビュー