たんぱく質食品の種類

たんぱく質食品の種類

ホエイ

ホエイたんぱく質は牛乳に含まれているたんぱく質のひとつで、消化・吸収が速いのでトレーニング前に摂るたんぱく質として最適です。
また、トレーニング後に摂るたんぱく質としても吸収が早いため効果が高く必須のたんぱく質です。

カゼイン

カゼインも牛乳に含まれるたんぱく質ですが、ホエイに比べて吸収の速度が遅いのが特徴です。
ゆっくりと体にたんぱく質が供給されることで、長時間体にたんぱく質を供給され続けることで食事が摂れない就寝時には必須のたんぱく質です。
また、カゼインは低カロリーダイエットのときに他のたんぱく質よりも筋肉を維持する効果が高いことがわかっています。

乳製品

乳製品は脂肪が増えそうと敬遠しがちですが、優れたたんぱく質食品であり、健康維持に重要な必須アミノ酸を全て摂取できる食品でもあります。
乳製品にはダイエット時に効果のあるホルモンの上昇を助ける効果もあり、さらにカルシウムも同時に摂取できるので栄養不足を補えます。ハードなトレーニングをしている場合は必須の食品と言えるでしょう。

大豆・豆腐

大豆にはコレステロールを下げたり、癌を予防する効果があります。
グルタミンを始め免疫機能を強化するアミノ酸が含まれています。グルタミンを摂っていると、コルチソルの量を減らし、筋肉の損失を減らすことができるため、トレーニング後に食べると効果的です。

くるみ・ピーナッツ

健康の維持・向上に欠かせない多価不飽和脂肪酸、単価不飽和脂肪酸を含みます。
脂肪が含まれているため、アミノ酸の吸収が遅くなり、体内で長時間たんぱく質を供給している状態を維持できます。
プロテイン摂取後の間食として利用するのも効果的です。

牛肉などの赤身の肉

赤身の肉には他の食品よりもクレアチンを多く含み、ダイエット中の代謝を高く維持することができます。
さらに亜鉛を多く含み、筋肉の損失を防ぐ効果もあります。
脂肪の少ない部位であれば、120g中にたんぱく質が23g含まれ、脂肪は4g程度しか含まれないので絞込みの最中だからと言って避ける必要はありません。

お薦め記事

プロテインスナックレビュー