喫煙

トップ > 危険な生活習慣 > 喫煙


喫煙者は非喫煙者に比べてトレーニング後の筋肉へのグリコーゲン補充が遅いことがわかっています。
これは喫煙によってインシュリンの働きが阻害され、筋肉に取り込まれるグルコースの量が減ることが原因です。

グリコーゲンの補充が進まないと大きく張りのある筋肉になりにくく、疲労が残りやすくなります。
さらに筋肉の成長も妨げられます。
喫煙は体力が落ちる、肺がんの危険がある、というだけでなく、筋力トレーニングに対する害もとても多くあります。