危険な生活習慣

トップ > 危険な生活習慣

体重変動で風邪になりやすくなる
1年を通した体重変化が激しい人は風邪を引きやすくなります。体重は一定のレベルを維持するように心がけましょう。

週1回のジョギング
有酸素運動が習慣にならないほど間隔をあけてしまうと怪我をするリスクが高まります。できるだけ時間を確保して週2~3回は有酸素運動をする習慣をつけたいですね。

喫煙
タバコが筋肉に直接悪い影響を与えるのをご存知ですか?体力低下や肺がんたけではないんです。これを機に禁煙をしてみても良いかもしれません。

脳の温度上昇
頭が熱くなると生命の危険性も出てきます。帽子を被ったままのランニングなどはできるだけ避けたほうがよいでしょう。

外でのエアロビックトレーニング
外を走るのは気持ちいいものです。それは森林の中を清々しく走るランニングなら良いかもしれません。道路で走るとなると・・・。

タンニングの危険性
筋肉を強く大きく引き締まって見せるためにタンニングを使用している方も多いでしょう。しかしタンニングに発がん性が見つかっているのです。