筋トレと風邪のひきやすさの関係

トップ > 筋トレコラム > 筋トレと風邪のひきやすさの関係

筋トレと風邪のひきやすさの関係

高強度のトレーニングをする人は注意

筋トレしている人、スポーツをしている人は体が丈夫そうに思われがちですが、実際は免疫力の低下を常に体験しているのをご存知でしょうか。

筋トレで見ていくと、ハードなウエイトトレーニングをすることによって、筋肉だけでなく体の疲労はピークへ達します。そのときの免疫力は通常よりも落ちていて、そこでウイルス感染が起こりやすくなります。ハードにトレーニングする方は、常に体を限界まで鍛えるため、その都度免疫力が通常の人よりも低下します。このことからハードにトレーニングする人のほうが風邪を引きやすいのです。

通常だと、風邪を引いたり体の倦怠感などで終わりますが、タイミングによってはインフルエンザなどの治りにくい病気にかかる恐れがあります。

風邪を予防する方法

手洗いうがい等の基本的なことは筋トレしているかどうか以前の話ですのでここでは省略します。

基本的にハードにトレーニングを行った後は、プロテイン、グルタミンを十分に摂取して免疫力低下を抑えます。特にグルタミンの免疫補助効果はお薦めです。

余裕があれば抗酸化作用のあるビタミンCサプリメントを時間をあけて小分けにして摂取しましょう。ビタミンCは水溶性で体外に排出されてしますので、一気に大量摂取は無意味です。1日を通して少しずつ常に供給できるように心がけて下さい。

また、筋トレ・有酸素運動等ハードに鍛えた日はゆっくりと休み、十分な睡眠時間を確保しましょう。

風邪のときは筋トレを休む

咳や鼻水程度の風邪であれば筋トレしても大丈夫でしょう。筋肉低下等もあまり見られないでしょう。しかし前述の通り、筋トレや運動後は免疫力が著しく低下することもあり、風邪わ長引かせたり悪化させないためにも休養することがベストです。