筋肉の記憶

トップ > 筋トレコラム > 筋肉の記憶


筋トレをしていたりスポーツで体を作っていた人が、病気や怪我で一時的にトレーニングができなくなると、今までついていた筋肉がどんどん落ちていきます。
ベッドで寝たきり状態が続けばなお減りやすいですよね。

しかし、筋肉を鍛えていた人がまた筋トレを再開すると、初めて筋トレする人よりも圧倒的に早く筋肉がつき、以前と同じようなレベルまで戻すことが可能です。

この理由は、筋トレをしていると筋肉が大きくなる前に筋肉の細胞の核が増えるのだそうです。増えた核は小さくなることはあっても減ることはないということで、筋トレをやめても筋肉は小さくなるものの、筋肉の根本である核の絶対数は減っていないということになります。

トレーニングを中断しても、今までの努力が完全に無駄になることはないということです。恐らく、想像以上に筋肉の回復が早いと感じたことがある人がほとんどだと思います。原理は上記のようなことですね。