脂肪が筋肉に変わるなんてことはない

トップ > 筋トレコラム > 脂肪が筋肉に変わるなんてことはない

脂肪をつけて筋トレしたほうが効果が高い、というのは嘘

昔からたまに脂肪があったほうが筋トレしたときに脂肪が筋肉になっていくからまずは脂肪つけてでも食べまくったほうが良いなどということを聞いたことがあるかもしれませんが、事実ではありません。

たまに太っていた人がハードに筋トレすると、脂肪が減って筋肉が増えるため、感覚的に脂肪が筋肉に変わっていったように感じがちですが脂肪が筋肉に変換されることはなく、ただのエネルギーとして活用されるだけです。運動するために脂肪が燃焼しただけですので筋肉にはなっていません。

脂肪が多すぎる肥満体型の場合は特に感じやすい

体脂肪率が高い場合、食事制限をしたとしても脂肪が大量にありカロリーとしてのエネルギー分は不足しないため、筋肉の合成に必要なカロリーを脂肪が担うことができます。

これによって食事制限によるカロリーカットとハードな筋トレによる筋肉増加が同時にスムーズに行われます。これで脂肪が減って筋力が高まり筋肉がついていくため脂肪が筋肉になっていったと勘違いすることがあります。

実際にエネルギーが十分あるので食事のカロリーバランスを気にせず食事制限していてもある程度筋肉の付き方が良いことはあり得ます。ここにたんぱく質の摂取を心がけると痩せながら筋肉がつきやすいと言えます。

痩せている人は太ってから筋トレしたほうが良い、も正解ではない

わざわざデブになる必要はありません。要するに筋トレをする上で質の高いワークアウトをこなせるだけのカロリーをしっかり摂取することが重要であって、体脂肪をつけなくてもカロリーコントロールだけで対応ができます。

体脂肪が多い人は食事からではなく溜め込んだ脂肪がエネルギーの代わりをしてくれるのでそこまで摂取カロリーを気にしなくて良いというだけです。痩せている人は筋トレの日はいつもより多めにカロリーを摂取することを考えてバランスをとれば筋肥大をより促進できます。