筋トレコラム

トップ > 筋トレコラム

筋トレで大声を出すと最大筋力が5%UP
筋トレの限界で叫ぶと筋力がいつもより高まる、そんなことを聞いたことはないでしょうか。これをシャウト効果と言い、実際に最大筋力を約5%高めることが可能です。

脂肪が筋肉に変わるなんてことはない
脂肪があったほうが筋肉に変換されるから食べまくって脂肪をつけてから筋トレしたほうがいいと聞いたことはありませんか?

筋トレはストレス解消になる
筋トレがストレス解消になるのは何となくわかるという方が多いでしょう。筋トレにはさらに自律神経のバランスを整えてストレス耐性を作ることも可能です。

加齢で筋力が低下する理由
筋肉が加齢とともに低下する理由、そして筋肉が減るということはどういうことか、さらに加齢とともに筋肉の質がどうなるかを解説します。

筋肉の成長を阻害するミオスタチン
筋肉の成長を阻害するたんぱく質、ミオスタチンについて。ミオスタチンがあるから筋肉が大きくならないのではなく、ミオスタチンは正常に働いて体を維持しているたんぱく質です。

1年でつけられる筋肉量
1年間ハードに鍛えて栄養摂取も適切に行った場合、筋肉量はどれくらい増やすことが可能なのでしょうか。理論値と実際にどの程度増えたのかをご紹介します。

中断していた筋トレを再開するときの注意点
数日間、数週間筋トレができなかったときの再開時に知っておくべきことを解説します。無理せず感覚を取り戻して行きましょう。

睡眠不足は筋力と無関係
睡眠不足の状態でも実際は睡眠不足による影響は筋力自体の低下は見られません。ただし十分寝ていない状態での筋トレはお薦めできるものではありません。

筋トレと風邪のひきやすさの関係
ハードにトレーニングしている方は免疫力低下が激しく、トレーニングごとに風邪ウイルスの危険にさらされています。

筋肉痛の効率よい治し方
筋肉痛のまま筋トレをすると可動域が100%動かせなかったり、筋トレの質が落ちてしまいます。筋肉痛を効率良く治す方法を解説します。

筋肉の記憶
筋トレができなくなり筋肉が落ちても、再度筋トレをすると素人よりも驚異的なスピードで以前の状態へ成長できる原理とは?これを筋肉の記憶と言っています。

テストステロン
筋肥大に関与する成長ホルモンであるテストステロン。