筋トレを再開するときの注意点

筋トレを再開するときの注意点

2週間程度の中断期間で筋トレの質が落ちる

筋肉はそう簡単に減るものではないですが、筋トレをしていない期間が続くと筋力ではなく神経系が弱ってしまい以前と同じウエイトで同じようにはトレーニングができなくなります。筋力も若干落ちているはずですのでここで無理をせず適切なトレーニングと栄養摂取でリハビリしていきます。

激しい筋肉痛と回復の戦い

筋トレを再開すると、これまで負荷が定期的にかからなくなってしまった筋肉には低ウエイトの筋トレだとしても刺激が強すぎて激しい筋肉の損傷が起こり、筋肉痛が数日続きます。筋肉痛のときに筋トレしても問題はありませんが、通常時に比べれば筋トレの質は落ちることが多いでしょう。

そのため、筋肉痛が激しい場合は別の部位の筋トレに変更するか休養日を長めにとることもお薦めです。

徐々にウエイトに慣れていく

筋力低下と神経系の働きの低下によって最大筋力は落ちています。ここで最適な筋トレ方法はピラミッド法です。

今までよりも軽めのウエイトから初めて徐々にウエイトを足していき、レップ数も以前のレベルを求めないよう高ウエイトのときはレップ数を少なめに抑えます。そして耐えられそうにないと感じたらそこで無理はしないほうが安全です。ここで重要なのは怪我のリスクも考えて徐々に筋肉と神経系を慣らしていくことです。

またそれほど重くない中程度のウエイトでしっかり筋肉を収縮させて感覚を取り戻すためのトレーニングと割り切ることも大切です。特にバランス感覚などは高ウエイトになればなるほど重要になりますので注意しましょう。

お薦め記事

プロテインスナックレビュー