トレーニングの休養のとり方

トップ > 初心者脱出マニュアル > トレーニングの休養のとり方


筋トレのあとは1日2日休んで超回復を促すのは筋トレ初心者でもわかっていると思いますが、ハードにトレーニングを続けていくとぶち当たる壁があります。
そんなときは少し休む期間を長めにする必要があり、それによりトレーニングの効果を持続的に上げていくことが可能です。

ウエイトが上げられない、筋肉の成長が見られない

このような場合は筋肉の停滞期である可能性とオーバートレーニングになりかかっている可能性があります。ワークアウトのメニューを変更したり変化をつけるのもいいですが、ここで2週間程度トレーニングを休んでみることも大切です。

休養期間は動かない

トレーニングを中断して休養する場合はできるだけ激しい運動は避け、完全に体を休ませてあげましょう。肉体的だけでなく精神的にも休ませてあげるために、ジムや練習場所などへは極力行かず、リラックスすることが大切です。

普段どおりでも休養をとる

普段どおり、停滞期もなくオーバートレーニングもせず、怪我もしない、という場合でも長期間トレーニングを続けている場合には2週間前後の休養期間を設けるとさらに確実に筋肉の成長が期待できます。半年スパンで休養期間を取り入れるようにしましょう。

2週間前後の休養をとったら筋肉はどうなる?

2週間も休養をとったら筋肉も落ちて脂肪もついてしまうのではないかと思われがちですが、2週間程度ではその心配はありません。
6週間休んでも明らかな変化がみられなかったという研究結果がでているからです。

休養期間は体を休ませて筋肉を成長させるいい機会ですが、それと同時に精神的にもリフレッシュさせてトレーニングを再開させることができる、停滞期などを打破する手段でもあるです。