ベンチプレスの肘の開き方

トップ > 初心者脱出マニュアル > ベンチプレスの肘の開き方


ベンチプレスではグリップの幅の調整で胸や上腕三頭筋に重点を変えられます。
さらに肘の開き方でも主に使われる筋郡が変わってくるので、強化したい部位を徹底的に追い込むためにグリップ幅+肘の開き方を調整してみましょう。

肘を外側へ大きく開く

肘を肩の真横に下ろすようにすると、大胸筋が大きく働くことになり、胸筋の強化のためのワイドグリップ・ベンチプレスで最大の効果を発揮します。
ただし肩を開きすぎると肩の関節に負担がかかるようになるので注意が必要です。

肘を脇につけて下ろす

肘を脇につけて下ろしていくと大胸筋ではなく、上腕三頭筋と三角筋前部が大きく働きます。
クローズグリップ・ベンチプレスのときには脇を締めるようにして行うと効果的。

肘を45度の角度に曲げて下ろす

45度に開くと大胸筋、上腕三頭筋、三角筋の全てが使われ、ベンチプレスにおいて最大の力が発揮されるようになる。
ベンチプレスで最大重量を上げるためには45度で開いてあげるようにするとよいでしょう。