加齢で筋力が低下する理由

加齢で筋力が低下する理由

速筋線維が減るから

加齢とともに特に40歳以降、筋肉の中の速筋線維が減っていきます。これによってあらゆる動きが鈍くなります。歳をとった人が動きが機敏でなくなるのはこのためです。

ただし速筋線維が減るというだけで残っている筋繊維が劣化するものではありません。筋トレを続けることで速筋線維の減少を抑えるとともに、速筋線維を強化することで加齢にともなう筋力低下を防ぐことが可能です。

歳をとっても動きが機敏だったり、スポーツに対する運動能力が高い人がいるのは日々のトレーニングによって速筋線維が維持されている、もしくは向上していることが考えられます。

速筋線維が減ったとしても筋肉スピードは落ちない

筋肉が減っていったとしても、実際に筋肉が発揮するスピードというのは加齢の影響を受けないといった実験データがあります。若いころと比べて高齢者の筋肉は半分まで減ってしまいますが、筋繊維一本一本の最大速度は変わらなかったといいます。

加齢とともに筋肉量が減ってしまうのは止めることはできませんが、今ある筋繊維の劣化はしませんし、常に筋トレを続けることで筋肉を劇的な低下を避ける事は可能、さらに筋肉を太く強くすることは可能です。

お薦め記事

プロテインスナックレビュー